バンタム100のアンチリバース

バンタム100

通常バンタム100は、アンチリバースに今で言うワンウェイクラッチは採用されていないため、結構な量、逆回転します。
普段スピニングで左巻きを使用している私は、右巻きは最近は慣れてきましたが、それでもミノーのアクション中に一瞬逆回転します。
その時ラインテンションが緩んで、次キャストでバックラッシュすることが結構あります。
私のキャスト技術が未熟なせいもありますが、これから記載する方法にて、そのバックラッシュを発生させなくすることに成功しました。

アンチリバースのピッチを細かくする

私が行き着いた答えは、ワンウェイクラッチ化ではなく、アンチリバースのギアピッチを細かくする方法でした。
それには、AvailさんのABU用アルミメインギアブッシングを使用します。
ポン付けは出来ないので、バンタムのドライブシャフトに入るように加工します。
加工にはフライスがあった方が良いのですが、無いので、エンドミルの歯をボール盤に付けて加工しました。

径が大きいので、ピニオンに干渉するので干渉しない径まで削っています。


クラッチを押し戻す足が細いので、アルミパイプを被せて径を太くし対処。

使用感

全く問題ないのですが、ツメが摩耗してると、このプレートの溝に引っかからず、逆回転します。
他に良い方法がないか模索してみます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました